不動産会社に家を売却するときに必要な書類はたくさんある

物件の詳細な情報を伝えるための資料作り

不動産会社で家を売却物件の詳細な情報を伝えるための資料作り役所に取りに行く必要のある書類

不動産屋に家を売りたい、と伝えると、購入希望者に物件の詳細な情報を伝えるための資料作りに時間がかかりました。
そのとき必要になった書類は、登記事項証明書、これは登記簿謄本のことです。
それから、売買契約書または建築工事請負契約書、重要事項説明書、土地測量図・境界確認書、設計図書で、図面、仕様書など、ほかにも、固定資産税納付通知書が必要になりました。
持っていたはずのものが見つからなくて、時間がかかってしまうこともあります。
なので、家を売ると決めたときから用意をしていたのに、本当に何かしらのたりないものや間違えている場合があって、時間がかかることがありました。
家を不動産屋に引き渡すときにも書類が必要になりました。
自分の身分や状況を証明できるもの、建物の権利や適正性を証明するもの、建物の維持管理に必要なものです。
自分の身分や状況を証明するために必要なものというと、身分証明書として免許証などを用意しておきました。
パスポートよりも免許が一番わかりやすくて顔写真もあるので安心できるといわれました。

不動産 売却相場 | 不動産売却の流れ:ご成約・売買契約について - ノムコム:野村不動産アーバンネット